IMG_0307_s

これから…

新井広大

というのは、私のWEB上のHNの1つです。本名ではありません。

その新井広大という名で、『タイで疑似恋愛中毒しんどろーむ』というブログを7年半ほど運営しています。おかげ様で、特にSEOとか意識することもなく、好きなことを好きな時に好きなように書き垂れているだけですが、月に2~3万アクセスほどをいただいております。まぁ、私の中では、『新井広大のブランディングブログ』なる位置づけでございます。

一応タイのことメインなんですが、なぜだか検索ワードではラオスに関するものが多く、ぐーぐる検索でもラオスもので結構1ページ目に引っかかっていたりするわけで。あ、もちろんタイ関連でもひっかかります。

あ、でもですね、あまりSEOとか意識してしまうと、私の性格上、書きたいことを書きたいように書けなくなる可能性が高いので、このブログではそういうの度外視しております。あくまで目的は自己満足!『書きたいことを書きたいときに書きたいように書く!』それが結果的に、新井広大のブランディングにつながるかなと。いや、ただめんどくさいだけなんですけどねw

 

さて、加えて、『Thai:Po』というタイ夜遊びSNSなるものも、そろそろスタートして5年目になります。こちらはOpenPNE2をベースにしているのですが、自分でいじったところを見るともう何が何だか訳が分からなくなってますw

9月9日でめでたく5歳を迎えるわけですが、それを期にちょっとすっきり整理したいなとか、もっとさっくりいじれるようにしたいなとか、OpenPNE3もだいぶ使えるようになってきてるしそっちを使って別物作るか?とか、いろいろ妄想して楽しんでおる最中です。

次のFacebookを!とかだいそれたことを考えているわけではなく、あくまで『タイ の 夜遊び』というニッチな層への訴求物なので、その層に属する方に楽しんでもらえるもの、その層に属する方の欲求をより満足させえるもの、その層に属する方のアクション・ネットワークをより活性化させえるもの、そんなものを作れたらと思っております。

 

とかいう私はタイが好きな単なる一般人の一人なわけで、普段のお仕事もコンピュータとは一切関係ないお仕事。コンピュータのことWEBのことなんてど素人なわけです。ほんとにど素人なんですが、アンドロイドアプリ作ってみたい(ハート)とか思っちゃうわけです。でもわからないことあれば、ぐーぐる先生に聞けば先人の方々のありがたい知恵を授けてくれますし、それでもうまくいかないときは、なんどもやってるとコンピュータの気まぐれに助けられたり、時には発狂したりして、最終的にはその路線はあきらめて別路線であっけなく解決したりして。ほんと面白いですね。まさに人生の縮図。それをディスプレイ上で見ている気すらしてきます。

でも最終的には生身の人間と生身の人間のつながり。それが楽しいし面白いからこそ、それを補助するツールを作っていきたいという思いは萎まないのかなと思っておりまする。

 

ということで、

これからいろいろしていく作業メモ、勉強メモをせこせここちらに積み重ねていこうと思います。いざというときに自分が立ち返る場として、また、これ以降同じような環境で同じようなことで躓いた方のなんらかの手助けになる可能性もちょこっと。

logo_wordpress

WordPressについて

 

このブログのタイトルにも入ってるWordPressですが、『そもそもWordPressってなんなのさ?』という問いに対して答えておこうと思います。

WordPress(ワードプレス)は、オープンソースブログソフトウェアである。PHPで開発されており、データベース管理システムとしてMySQLを利用している(後述のプラグインよりSQLiteでの使用も可能)。単なるブログではなくCMSとしてもしばしば利用されている。b2/cafelogというソフトウェアのフォーク(後継)として開発、2003年5月27日に初版がリリースされた[1]GNU General Public License(GPL)の下で配布されている。~Wikipedia日本語版より

要は、ブログを作る箱です。いや、ブログだけっていうのも勿体ないので、これでホームページを作っちゃったりもします。簡単なSNS(mixiやFacebookみたいなの)を作っちゃったりもできます。そんな色々な機能をくっつけるのに『プラグイン』っていうものが、無数に存在します。見た目をいろいろ変えるのに『テーマ』が、これまた無数に存在します。コードのことなんか一切気にせず、すっげーWEBサイトやWEBサービスを作ってしまうことも可能な魔法の箱です。私を含む非プログラマーな方にはとっても便利でありがたい神の箱です。

Web弄りする人にとってはかくも便利な魔法の箱な『WordPress』なのですが、ファミコンやDSのようにカセットを挿せば使えるようになるわけでもなく、CD-ROMから読み込んで使うわけでもありません。

  1. しかるべき場所に置いて
  2. しかるべき機能が動くように設定して
  3. あとは弄るだけ

そんな手順を踏むことになります。それらについては、各エントリーで細かく解説しようと思います。

まぁ、人様に見ていただこうとするのであれば、最低限外部のサーバーに『WordPress』を置くことになりますが、とりあえず弄ってみたいだけなら、自分のコンピュータに環境を作って、そこに『WordPress』を置くこともできますし、『WordPress.com』で試しに弄ってみることもできます。習うより慣れろ、触ったことない人はまず試しにいろいろ弄ってみることをお勧めします。そうした上で、『こんな風にしたいけどどうしたらいい?』とか『こんなことができるのか?』と疑問が湧いてきたら、ググってみる。そうしていくうちに段々使い方覚えていきます。というか、私がそうだっただけですが。『WordPress』は日本語の解説もめちゃくちゃ多いので、その点ありがたいです。当ブログでも、はまりやすいところなんかは詳しく解説していきたいと思っています。

WordPress.com

logo_wordpress

WordPressの導入-超簡単Xserver編

 

WordPressの導入ですが、様々な環境へのインストールが考えられます。インストール自体はそれほど難しくはないのですが、インストールする環境で準備が必要であったりなかったり。

  • 自宅サーバー(XAMPP)環境へのインストール
  • 簡易版!USBメモリーや外付けHDDなどへのインストール
  • 一般レンタルサーバーへの導入
  • Xserverへの導入

一番簡単なのが、Xserverへの導入なので、今回はここから。

 

WordPressをXserverにインストール

 

Xserverには『自動インストール』という超素敵な機能があります。どんだけ素敵かっていうと、サーバーやらデータベースやらそんな知識なくても、いくつか指定事項を入力するだけでインストールが完了してしまうっていう素敵さです。以下で具体的に見ていきます。

 

Xserverのサーバーパネル

図1)エックスサーバーのサーバーパネルにログイン

 

まずは、エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。いろいろ項目並んでいますが、今回用があるのは『HOMEPAGE』欄の『自動インストール』。でも、その前にちょっと確認。WordPress(現在は3.8.1)はPHPのバージョン5.2.4以上が必要になります。最近Xserverを使い始めたって方ならまず問題ないと思いますが、一応PHPのバージョンを確認して、必要であればアップグレードしておきます。それもこの画面からできます。『PHP Ver.切替』というところをクリックしてみてください。

 

capture_55

図2)PHP Ver.切替画面

 

エックスサーバー推奨のPHP5.3.3であれば問題ないです。それ以下だった場合は変更後のバージョン欄で『PHP5.3.3(推奨)』を選択して『バージョンを切り替える』ボタンを押してください。

では、『自動インストール』に進みます。

 

 

capture_57

図3)自動インストール画面

 

ずらずらっといろいろなものが並んでいますが、今回用があるのは『WordPress日本語版』。インストール設定のボタンを押してください。

 

WordPressインストール設定画面

図4)WordPressインストール設定画面

 

ここまで来て、やっといろいろ入力することが出て来ます。『インストールURL』はWordPressのインストール先、つまりアクセスする際のURLになります。『ブログ名』はその名の通りブログ名。あとで変更もできます。『ユーザー名』『パスワード』は、このあとWordPressの管理画面に入る際のユーザー名とパスワードです。忘れないように。『メールアドレス』はインストールしたWordPressから各種メールが届けられるメールアドレスです。『データベース』欄ですが、『自動でデータベースを生成する』が一番楽です。『作成済みのデータベースを利用する』場合は、あらかじめデータベースを自分で作っておく必要があります。ゆくゆくは、というかしっかりデータベースまで弄りたい方は、ちゃんと自分でデータベース作るべきですが、めんどくさいときは全て自動にお任せ(笑 。ちなみにこのブログも全部自動です。全部入力を終えたら、『インストール(確認)』ボタンを押してください。

 

install-wp

図5)WordPressインストール確認画面

 

と、こんな確認画面がでてきます。全て正しかったら『インストール(確定)』ボタンです。

自動で必要なインストール作業が終了し、管理画面へのリンク(http://サーバーアドレス/自分がつけた名前/wp-admin/のようなリンク)、ユーザー名、パスワードなどが表示されます。ここからはもうWordPress本体弄りに入ります。つまり、ほとんど難しい知識必要なしでWordPressのインストール完了ってことです。すさまじく簡単です。少なくとも自分でレンタルサーバーを借りて何かしようと思う人にとっては。そんなわけで、Xserverお勧めです。

 

 

yokoso_s

はじめに

ようこそ。訳の分からないブログへ。

このブログは『新井広大』の超個人的趣味によるWEBいじりのメモ帳です。作成物の内容はさておき、

などといった、WordPressやらOpenPNEやらを日常的に弄っております。が、自慢ではないですが、プログラミングとか全くの門外漢。弄る度にGoogle先生の厄介になっております。ただ、何度も同じページに飛んでいたり、昔飛んでいたページがなくなってたり、、、なら、繰り返しこれから作業をすることもあるであろうという推測のもと、調べたことをまとめて自分のとこに整理しておこうと。というわけで、完全に自分用の作業メモ置き場です。が、同じ環境で悩んでいる方のヒントにはなるかもとか、こういう環境ならこういうところに注意したり、こんなとこもチェックしてみたらなどというメモも可能な限り残しておきたいと。自分のスキルアップのために。

まとめますと、

  • 完全に私個人の環境上でのメモ書きですが、
  • これからWeb上でいろいろやりたい人
  • これからWordPressやOpenPNE(特にOpenPNE3)をいじる人
  • これからPHPやJavaScript(JQueryなど)をいじる人
  • MySQLやApacheや、XAMPP環境で困っているなう!な人
  • ニッチモサッチモいかなくて藁をも掴みたい人
  • 使っている(使おうとしている)のがXserver

上記に該当する方であれば、多少役立つことがここにあるかもしれません。ていうか、ちょっとでも人様の役に立つようなことがあれば幸いですm(_ _)m

Webサイト作成上のメモメモφ(..)